寺院管理ソフト 初期設定

初期設定

※初めて使うときに必ず設定してください。(一度設定すれば次回以降は不要です)

 

 「寺院管理.mde」ファイルをダブルクリックしてみましょう。

 「メインメニュー」が起動します。

 

 「メインメニュー」は

 寺院管理
 会費管理
 マスタ処理
 その他
 ファイル選択

に分かれています。

初期設定項目は 「マスタ処理」 「その他」 「ファイル選択」の各項目です。これらは最初に設定すればOKです。
それ以降、常時使うのは「寺院管理」「会費管理」の項目のみです。


初期設定

まず「ファイル選択」を行います。

「メインメニュー」から「寺院・マスタ選択」をクリック。

 

寺院Data.mdb が見えるはずですから、「寺院Data.mdb」をクリック選択し、「開く(O)」をクリック。

フォルダ

これで「寺院・マスタ選択」が終了しました。

 

次に 「メインメニュー」から「会費年度選択」をクリック。
「2019.Data.mdb」が入っていますが、使用開始が2019年度でない(例えば2020年度)なら、 「2019.Data.mdb」を 「2020.Data.mdb」に名前を変更してから使用してください。
「20**.Data.mdb」 をクリック選択し、「開く」
これで「会費年度選択」が終了しました。
※後で年度更新を行って年度を変更することもできます。

 

次に 「郵便マスタ選択」をクリック。 「住所データ.mdb」をクリック選択し、「開く」
これで「郵便マスタ選択」が終了しました。 ※郵便マスタの最新データ(H24年3月版はこちらにあります)

 

最後に、「その他」の「環境設定」をクリックして、寺院情報を入力してください。
なお、「その他」 ->「環境設定」の中の「初盆処理」は、年回表(忌日一覧)を印刷する際に、新しい仏様で新盆を迎える前の方を印刷対象にするか、しないかのチェックボックスです。

 

●各寺院独自の条件設定


まずは、「マスタ処理」の 「環境設定」をクリックしてみましょう

マスタ処理の各項目は、自分の寺院に合わせて設定してみてください。

 たとえば、「会費マスタ」をクリックすると、下記のようになりますが、護持会費、墓地管理費など、金額が幾つかに分類されていると思いますので、各寺院の状況に合わせて入力してください。

 



目次に戻る

Teishoin.net by Rev.Tetsuya Kameno is licensed under a Creative Commons